Page: 1/2   >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - |
    これが噂のいびき改善方法!
    0
      JUGEMテーマ:いびき


      いびきが、なかなか治らないと多くの方が悩まれていますが、
      あなたも、その1人ではありませんか?

      今、このページを見ていると言う事は、

      もしかして・・・

      ・妻から、いびきがうるさくて寝れないと言われた。

      ・睡眠時無呼吸症候群で突然死するかもしれないので怖い。

      ・女性なのにいびきをかくから恥ずかしい。

      ・何を試しても改善されなかった。


      おそらくこのような事で悩んでいるかと思います。

      では、改善させる為に一体どうすればいいのか?

      何かよい方法はないのか?

      もしかしたら、これまで行ってきた、
      あなたの対策に問題があったのかもしれません。

      ですが、ご存じだったでしょうか!

      たった15分のある方法を行うだけで・・・

      早ければ1週間もせずに効果が実感する方法があるということを!


      レーザー手術などは不要で自宅でできる簡単ないびき改善方法です。

      これまでに、500人以上の方が実践して改善されています。


      先ずは 体験者の声をご覧ください。



      >>イビキ改善マニュアル◆全額返金保証付き◆









      関連サイト:いびき対策のサイト
      | ibki110 | 17:44 | - | - | - |
      なぜ、いびきをかくのか?
      0




        旦那様と寝室が同じといった場合には、夜ごとのいびきに悩まされている奥様も実は多いのでは?

        「男の人だから、いびきをかくのは仕方ない」、「こっちが先に寝てしまえば、気にならないから」なんて思って、旦那様のいびきをそのままにしておく奥様がほとんどだと思います。

        でも、ひょっとすれね、そのいびきによって、様々な病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)が引き起こされる可能性があるかもしれません。

        まず、そもそも、なぜいびきをかいてしまうのでしょう。

        いびきとは、喉や鼻の「上気道」という気道の中の粘膜が振動して、音が鳴る症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)の事を言うんです。

        睡眠時には、全身の筋肉が緩むため、この上気道の筋肉も同じように緩んでしまい、気道が狭められてしまいます。

        すると、息をする際の粘膜の振動が通常よりも増してしまい、振動する音や空気の抵抗音がいびきの症状となってあらわれるのです。

        また、この上気道は、飲酒や肥満(体重や体脂肪が多すぎることをいいます)、病気や加齢、ストレスなど、様々な原因によっても狭くなります。

        ただ、こういった原因で、一時的に起こるいびきであれば、それほど心配する必要はありません。

        しかし、毎晩必ずいびきをかく人、隣の部屋まで聞こえてしまうような大きないびきをかく人は、いびきの原因を探ってみる必要があるでしょう。

        本人も安眠できませんし、何より周りで寝ている人に迷惑が掛かってしまいます。

        その上、いびきが途中で止まったまま、しばらく途切れてしまうような人は注意が必要です。

        このような症状がある人は、睡眠時無呼吸症候群の疑いもありますので、早目に専門の医師に相談することが必要なのです。









         
        続きを読む >>
        | | 23:02 | - | - | - |
        いびきをかきやすい人はどんなタイプの人?
        0




          いびきの悩みは、そうそう人に理解してもらえるものではないのです。

          けれど、いびきをかきやすい人には、実はいくつかの共通点があるでしょう。

          以下にいびきをかきやすい原因を挙げておきますので、まずは自分のいびきの原因を探り、改善や防止に努めるようにして下さい。

          ・肥満

          肥満の場合には、首周りや上気道の内側にも脂肪が付き、気道が狭くなりますので、いびきの原因になるのです。

          ・口呼吸

          いびきをかく人の殆どが口呼吸をしていたり、口をあけたまま寝ていたりしていると言われています。

          口呼吸をしていると、上気道の振動が増し、上気道の筋肉の緩みがより一層ひどくなりますので、舌がのどに落ち込んでいびきの症状が出やすくなるのです。

          ・鼻の疾患

          鼻詰まりがあったりすると、どうしても口呼吸をしてしまう習慣がついてしまい、これがいびきの要因となるのです。

          ・舌の肥大

          舌が大きい場合は、その分、上気道が狭くなりますので、いびきの原因となります。

          ・咽頭扁桃、のどちんこの肥大

          なんらかの原因で咽頭扁桃やのどちんこが肥大している場合には、いびきの原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)となったり、睡眠時無呼吸症候群の原因となったりします。

          ・ストレス

          肉体的疲労やストレスが溜まっていると、人間の体は睡眠時により多くの酸素を取り込もうとします。

          その結果、無意識に口呼吸をしてしまい、いびきの症状が出やすくなります。

          ・飲酒(自分の能力を超えて飲むと二日酔いになります)

          アルコール(最近のお酒はジュースみたいな缶で売られていることもあり、子供が誤飲する事故も起こっています)を摂取すると、リラックス効果があるために全身の筋肉が緩むんです。

          勿論、上気道の筋肉も緩みますので、気道が狭くなり、いびきの症状が出やすくなるのです。









          <PR>
          子宮筋腫の治し方!子宮筋腫の治療方法は?
          漫画を書くコツ!初心者でも漫画が書ける!

          続きを読む >>
          | | 22:04 | - | - | - |
          病院でいびきを治療する?
          0




            いびきで病院に行くなんて

            と思う人もいることでしょう。

            しかし、いびきの原因となる疾患がある場合は病院で治療することが必要です。

            それでは、いびきを病院で治療しようと思った時、何科にかかればよいのでしょうか?

            いびきの原因となる疾患(後天的な要因が元になる場合もありますが、先天的に持病があったり、遺伝によって発症する可能性が高くなることもあるでしょう)がハッキリと分かっているのなら、それに対応する科にかかるのが一番です。

            例えば、鼻詰まりを起こしている人なら、ひとまず耳鼻咽喉科を受診して治療するといった感じになります。

            でも、いびき自体、自分では自覚しにくく、明らかな原因がわからない場合も多いです。

            いびきの原因によって治療法も様々ですから、最も良いのは睡眠障害専門の医師がいる病院に行くことでしょう。

            ネット上でも睡眠医療認定医を探すことが出来ます。

            病院によっては、睡眠専門の外来やいびき専門の外来を設置している所もあるでしょう。

            そういった病院であれば、検査から診断までスムーズです。

            医療機関(入院できるベッド・病床が20床以上で病院、病床がないか、20床未満だと診療所と名称になります)で受けられる治療としては、内服指導、生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)指導、医療器具装着(マウスピースなど)、手術、高周波治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)、持続陽圧呼吸療法などがあります。

            速やかな治療が必要ないびきの原因の代表格が、睡眠時無呼吸症候群と呼ばれる疾患でしょう。

            睡眠(眠ることは、脳や体を休ませるために必要不可欠です)中に呼吸が一時的に止まってしまうので、体中が酸素不足に陥ってしまうはずです。

            それにより、熟睡感が得られなかったり、日中に脱力感を起こしたりします。

            体への影響も出てきますので、出来るだけ早く治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を受けた方がいいですね。










            続きを読む >>
            | | 23:15 | - | - | - |
            いびきはレーザーで治療する?
            0




              いびき治療の一つに、レーザー治療があります。

              これは、レーザーで口蓋垂(のどちんこ)の周辺をカットするという治療方法です。

              気道を広げることで、粘膜の震えを抑え、いびきを防いでます。

              麻酔も局所麻酔で、出血量も少なく、レーザーを使わない外科的手術に比べると、体への負担が遥かに少ないと思います。

              入院する必要もない場合が多いので、手軽に受けることができるでしょう。

              手術時間も10〜15分くらいで終わることがほとんどです。

              声が変わるのではという心配をする方もいるかと思いますが、そのような心配もないようです。

              傷跡も残りにくいと言われています。

              何かとメリットの多いレーザー治療は、とても魅力的に感じますよね。

              しかしながら、レーザー治療も手術であることに変わりありません。

              全く痛みを感じず楽に治療出来るといったら、それは語弊があるんでしょう。

              確かに、局所麻酔を行うので、手術中は痛みをあまり感じないかもしれません。

              でも、実は、術後に結構な痛みを訴える場合もあるのです。

              人によっては、しばらく食べ物が喉を通らないくらいの痛みを訴えることもあるでしょう。

              いびきのレーザー治療を検討するのであれば、専門医(かかりつけ医に診てもらうのもいいですが、不調の箇所や原因がある程度はっきりしているのなら、こちらを選択する方がいいかもしれません)と充分に相談することが大切です。

              インターネットでもいびきのレーザー治療(出血させずに切断したり、除去したりできるのが利点でしょう)をしている医療機関を探すことができますが、体質(体型や性格など、それぞれの要素がお互いに影響しあって形成されるといわれています)によっては受けられない場合もあります。

              いびきは放置しておくと、原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)によっては重大な疾患を引き起こしかねないでしょう。

              特に、睡眠(個人差はありますが、七時間以上八時間未満の睡眠が最も長生きするという研究結果もあります)時無呼吸症候群の場合は早めに治療をする必要があるでしょう。









              <PR>
              不眠症を克服する方法・不眠症の治し方!
              食後の胃もたれを改善したい!

              続きを読む >>
              | | 22:15 | - | - | - |
              いびきを手術で治療する?
              0




                いびきを手術で治療する場合があります。

                呼吸をしやすくするための手術です。

                扁桃が異常に肥大している場合や、口蓋垂が異常に長い場合、鼻の疾患に悪化が見られる場合に行われます。

                特に、睡眠時無呼吸症候群であるのなら、放っておいては良くないのです。

                的確な治療が必要です。

                手術もその一つです。

                いびきや睡眠時無呼吸症候群の手術として、代表的な手術は下記の二つがあげられるのです。

                ・口蓋垂軟口蓋咽頭形成術(UPPP)

                口蓋垂を含めた軟口蓋を切除し、喉の形を変える手術。

                睡眠(個人差はありますが、七時間以上八時間未満の睡眠が最も長生きするという研究結果もあります)時無呼吸症候群に効果がある。

                ・レーザー口蓋垂軟口蓋形成術(LAUP)

                口蓋垂をレーザーで焼き切る手術。

                いびきと軽度の睡眠時無呼吸症候群に効果的。

                UPPPよりも切除する範囲が狭い。

                手術になったのであれね、そのリスク(時にはあえてそれを承知でトライする必要があることも)もあるので、第一選択肢とはならないようです。

                場合によっては、気管切開も必要になってきます。

                これらの手術の場合であれね、きちんと専門医と相談することが不可欠です。

                ちなみに、睡眠(個人差はありますが、七時間以上八時間未満の睡眠が最も長生きするという研究結果もあります)時無呼吸症候群の場合には健康保険適応になります。

                鼻の疾患によるいびきの場合も、手術が行われることもあるそうです。

                慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎、鼻中隔湾曲症などが代表的な疾患です。

                症状がひどい人が対象になります。

                代表的な手術としては、鼻中隔矯正術、下鼻甲介切除術、鼻茸切除術などが挙げられます。

                扁桃腺が大きい場合は、扁桃腺摘出術が行われます。

                どのような手術の場合でも、専門医(産婦人科や小児科の医師は不足傾向にあるそうです)と十分に相談した上で行う必要があるでしょう。










                続きを読む >>
                | | 16:34 | - | - | - |
                横向きに寝るといびきはかかない?
                0




                  いびきをかかない方法として、横向きに寝ると良いと言いますが、これは本当に効果があるのでしょうか?

                  1人で寝るときはあまり気にしなくても、友達と旅行に行く時など、絶対にいびきをかきたくない可能性もあると言えますよね。

                  なんとかしていびきをかかない方法はないものかと、考えた方も多いのではないでしょうか?

                  いびきを改善する方法は色々あるのですが、一番手っ取り早い方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)としては、やっぱり、横向きに寝ることですね。

                  それには、扁桃腺が関係しています。

                  仰向けに寝ると、気道を扁桃腺が塞いでしまうことにより、いびきが発生してしまいますよね。

                  横向きに寝ることで、気道が塞がらなくなり、それによっていびきをかかなくなるのです。

                  しかし、本当に横向きに寝るだけでいびきをかかないのか、疑問に思う人もいますよね。

                  自分自身は寝ているわけですから、本当にいびきをかいていないのか自覚出来ませんし



                  寝ている間に寝返ってしまっているケースもあるそうです。

                  それに、横向きに寝ると落ち着かないという人もいます。

                  自分のいびきを確認する方法としては、同居している人がいれば、いびきをかいていなかったか聞いてみることが出来るでしょう。

                  一人暮らしや聞けるような相手がいない場合は、寝ている間中、録音しておく必要がありますね。

                  横向きで寝ることでいびきが改善されるようであれば、横向きで寝やすいグッズなどを利用してみるのも一つの方法だと思います。









                  <PR>
                  小学生・勉強の教え方について!
                  効果的なバストアップマッサージ方法!その揉み方は・・・

                  続きを読む >>
                  | | 16:15 | - | - | - |
                  子供のいびきについて!
                  0




                    基本としては子供(いくつになってもかわいいものなんていいますね)はいびきをかかないものなので、いびきは大人(矛盾やままならないことを飲み込んでいける人のことでしょうか。周囲の人に迷惑をかけない、不快にさせないということも大事でしょう)だけの症状だと思っている人も多いかと思いますが、それは間違いです。

                    最近では、子供でもいびきをかく子が増えてきているようです。

                    それでは、子どもがいびきをかく場合に何か心配しなくてはいけないことはあるのでしょうか。

                    まず、子供がいびきをかく原因ですが、殆どの場合、鼻詰まりか、扁桃肥大が原因のようです。

                    子供は大人のように気道が発達していないため、気道が狭くなっていますよね。

                    いびきの原因となるこの気道が狭いために、いびきをかくという症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)につながりやすくなってしまうのです。

                    いびきをかくようになれね、夜、熟睡することが出来なくなり、昼間ボーッとすることが多くなります。

                    集中力の低下や運動能力の低下、さらにも、落ち着きがなくなるなど、弊害がとても多くなるでしょう。

                    また、一定時間無呼吸が続くような睡眠(食事をとれないことよりも、眠れないことの方がつらいとされており、心身に不具合が生じるでしょう)時無呼吸症候群であったときには、発育不良(不良が使う不良用語の中には、一般的に使われるようになったものも少なくないでしょう)や知能低下などの原因になってしまうこともあります。

                    この場合には、早期発見がとても大切なのですねので、いびきをかいている場合はその間隔などに気をつけてみてあげるようにしてください。

                    扁桃肥大が原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)のいびきの場合には、手術により切ることも可能ですから、ぜひ考慮に入れてみるといいでしょう。

                    手術することにより、いびきの症状が無くなれば、今までのいびきによる弊害が劇的に改善されます。

                    どちらにしても、もし、子供がいびきをかくようになったら、何らかの疾患が原因の場合が多いので、耳鼻咽喉科や小児科を受診するようにしてください。










                    続きを読む >>
                    | | 16:15 | - | - | - |
                    口呼吸を改善でいびきはかかなくなる?
                    0




                      口呼吸といびきには、どういった関係があるのでしょうか?

                      口呼吸を改善するといびきはかかなくなるのでしょうか?

                      口呼吸とは、口で呼吸することですが、鼻で呼吸する鼻呼吸に比較するといびきをかきやすいと言われています。

                      口呼吸は鼻呼吸と比べると、上気道が狭くなると言われているからです。

                      その結果、いびきが発生しやすくなるのです。

                      実際、いびきをかきやすい人は、口呼吸を行っているか、口をあけて寝ていることが多いようです。

                      鼻呼吸に変えたからといって、必ずしもいびきが改善するとは限りませんが、一度自分が口呼吸をしていないか確認してみてください。

                      そして、口呼吸をしているケースでは鼻呼吸に改善してみましょう。

                      ただ、鼻に何らかの病気があって口呼吸をしている事もありますねので、その場合は耳鼻咽喉科を受診して治療を行わなければなりません。

                      口呼吸が癖になっているだけの人は、口呼吸を鼻呼吸に意識的にかえるようにしましょう。

                      口呼吸のデメリットは、いびきだけではありません。

                      鼻呼吸と比較すれね、病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)になり易いと言われています。

                      口腔系の疾患や上気道や呼吸器系の疾患(いわゆる病気のことです)に掛かりやすいですから、できる限り鼻呼吸に戻すようにして下さい。

                      意識的に鼻呼吸を取り入れることで、鼻呼吸の習慣に戻すことが可能だとされています。

                      それぐらいでは無理という方は、鼻呼吸を習慣にするためのグッズも売られている為、試してみるといいでしょう。









                      <PR>
                      不眠症を改善させるには?
                      ぎっくり腰 対処!腰痛を改善させよう

                      続きを読む >>
                      | | 16:15 | - | - | - |
                      いびき防止の為の寝具には?
                      0




                        いびきを防ぐのに役に立つ寝具には、どういうものがあるのでしょうか?

                        いびきをかかずに寝るのに、手っ取り早い方法は横向きで寝ることです。

                        なので、寝具は横向きでリラックス出来るようなものが好ましいということになります。

                        いびきをかいて寝るということは、決して熟睡しているわけではありません。

                        快適な睡眠を得られていないことがほとんどです。

                        いびきに悩んでしまう人は寝具を見直してみるようにしましょう。

                        まず、枕ですが、高すぎる枕を使ってはいませんか?

                        高すぎる枕は首が曲がることで、気道も曲げてしまいます。

                        気道が真っ直ぐになるような高さの枕を探した方がいいでしょう。

                        また、硬すぎる枕もよくません。

                        自分に合った枕をオーダーメイドで作ってみてもいいでしょうし、横向きに楽に寝れるような枕も売られています。

                        しかし、横向きに寝るのを美容の面から嫌がる人も多いことでしょう。

                        その場合には、やはり、自分の首に合った枕を作ることによりす。

                        気道が真っ直ぐ確保されていれば、いびきは軽減することができます。

                        それに、敷きお布団のマットが柔らかすぎるのもいびきの原因になります。

                        いくら自分に合っている枕を作ったとしても、敷き布団が柔らかすぎてはムダになってしまいます。

                        敷きおふとんも一緒に見直してみましょう。

                        専門家が考案した敷き布団も売られていますので、検討してみるのも良いかもしれません。

                        いびきをかかないためには、寝返りが楽にできる寝具である事も重要なことです。

                        いびきをかかずに安眠を得ることができれば、体調にも変化が現れるになるかもしれません。










                        続きを読む >>
                        | | 16:15 | - | - | - |

                        Entry

                        商品情報

                        ランキング


                        人気ブログランキングへ

                        Archives

                        Category

                        Link

                        PR

                        Feed